パーレー法の期待値とはどのような状況なのか

オンラインカジノだけでなく、FXのハイローや各種ギャンブルなどでも使われているのがパーレー法です。
これは、シンプルで使いやすく初心者や攻略法をあまり利用しない方でも気軽に実践できる攻略法として運用されています。
そんなパーレー法について今回は、気になる利益の期待値について解説していきます。

パーレー法はポイントを抑えることが大事

パーレー法はポイントを抑えることが大事
パーレー法の期待値は1以下も、勝負の仕方で数値は異なります。
なぜなら、パーレー法の攻略は、ポイントを抑えることで期待値をある程度上げられるからです。

ただ、最初にシンプルにパーレー法の期待値について計算を簡単に紹介しましょう。
1/2で勝てる2倍配当のゲームなので、計算すればほぼ「1」の期待値になります。
しかし、パーレー法の対応ゲームであるブラックジャック、ルーレット、そしてバカラは決して1にはなりません。

まず、ブラックジャックは、引き分けになった場合、こちらの負けになってしまうので、勝率は必ずしも1/2ではありません。
加えて、ブラックジャックで勝利した場合は2倍配当ではなく、2.5倍配当になります。

ルーレットも「0」という数字が存在し、2倍配当のベットを選択しても勝率は厳密には18/37です。
そのため、0によって期待値は1を切ります。

バカラに関しては、ハウスエッジの存在が挙げられます。
これは手数料のことであり、勝って2倍の配当を手にしても、そこからハウスエッジによっていくらか差し引かれてしまうのです。

また、もう一つの例として、パーレー法を運用したシミュレーションも期待値の参考になります。
勝ちが先行して勝利した場合と、5分5分だった場合のそれぞれについて触れていきましょう。

まず、勝利が先行した場合、4勝1敗程度では、トータルで60%程度の資金増が期待できます。
一方、5分5分だった場合は、期待値が1を切り、確実に損失が発生します。
つまり、5分5分よりも多くの勝ち数で勝たないと利益が得られません。

このように計算上は期待値が1を下回ってしまうのが多いという事実です。
しかし、運用をうまく行うことによって、この期待値を挙げることは十分可能といえるでしょう。

パーレー法の期待値を上昇させる方法

パーレー法の期待値を上昇させる方法
パーレー法の期待値を上昇させる方法は、勝率を少しでも上げることです。
その手段としてルーレットを使った2つの方法が手軽で有効に活用できます。
それは、ルーレットの台を適切に選ぶことと、ルーレットで、から回しをすることです。

ルーレットは台のタイプがいくつかあります。
そのタイプは、メジャーなものとしてヨーロピアン、アメリカン、そしてメキシカンです。
パーレー法の期待値を少しでも上げたい場合は、ヨーロピアンを選ぶことをおすすめします。
なぜなら、ヨーロピアンの例外となる数字が3つの中でも最も少ないからです。

例外となる数字とは「0」です。
これは先ほどお話しした通り、2倍配当のベット方法では、どちらに選んでも外れになるナンバーを指します。
ヨーロピアンは、0が1つだけですが、アメリカンは、0のほかに00があり、メキシカンに至っては、0、00、000があります。
ヨーロピアンでさえ勝率が1/2をわずかに下回るのに、アメリカンはそれをさらに下回り、メキシカンは勝率1/2に深刻な影響を及ぼすレベルです。
こういったタイプがオンラインカジノには用意されているので、勝率が高めのヨーロピアンタイプを選ぶようにしましょう。

空回しをするのも期待値を上げるのに有効です。
空回しとは、ベットせずにルーレットを回すことで、実際のカジノでは禁止されています。
しかし、オンラインカジノでは認められているため、このアクションを行うことで、その場所に当たる確率が若干減ります。
例えば、レッドブラックを使いたい場合、空回しで黒が出た場合、2連続で黒が出るよりも赤が出る方が少し高くなるのです。
同様に3回程度回して、黒が連続で出た場合、次に赤が来るのは、かなり確率が上がります。

このような運用を行うことでパーレー法の期待値を挙げることができます。

パーレー法の期待値よりも重視したいこと

パーレー法の期待値よりも重視したいこと
パーレー法の期待値よりも重視したいことは、どの程度の利益でやめるかということです。
ギャンブルは引き際が肝心といいますが、パーレー法ほど、その言葉が合う言葉はないでしょう。
引き際を間違えて、いつまでも利益を追い求めていると、思わぬタイミングで利益を失うからです。
マーチンゲール法は、勝てば損失を一気に挽回できるため、引き際もわかりやすい特徴があります。
しかし、パーレー法は一度勝ったら、負けるまでやめられなくなる点がリスクです。
引き際については、様々な意見がありますが、期待値を安易に追い求めてプレイするよりもどこで引くかを考えたほうが重要です。
目安としては、勝率が著しく低下する4連勝の前に利益確定してやめるという方法が挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です